十木舎

ブログ Blog

十木舎の家 基礎

本日は、基礎編です。

プランは勾配の土地形状を利用することにして、3段からなるスキップフロアの計画としました。
延床面積は約28坪、2階建の住宅です。

まずは家づくりの基、基礎工事に差し掛かっていきます。

掘削作業。地盤を整えていきます。
地中から湿気が入ってくるのを防ぐため、一面に防湿シートを敷きます。

つぎは鉄筋です。

配筋の状態です。

コンクリートを流し込む前に、必ず検査機関による配筋検査を実施し、鉄筋が正しく施工されているかを確認します。

3つの基礎が見えてきました。
基礎が完成です。

職人さん曰く、1段1軒分の手間がかかるそう。3軒分、お手間おかけしています。。。

掘削作業から、基礎完成まで約1ヶ月。
これから、上棟作業に入ってきます。

その様子は次回にご紹介いたします。

かつら

十木舎の家 敷地

今朝起きると、京都は一面雪化粧でしたね。
近所の子どもたちは、とても楽しそうに通学していました⛄

積雪の多い地域の皆さまは、十分お気を付けください。

さて、先日十木舎初のモデルハウス【十木舎の家】が無事に上棟いたしました。

これから建築状況を少しずつブログでお伝えしていきますので、皆さまどうぞお付き合いください。

十木舎では、ご検討いただいているお客さまに向けて、完成見学会という形で、私たちの家づくりをご体感いただく機会を設けています。

その土地に合った計画と、お施主様のリアルな声が反映されているので、
とても具体的且つ個性があり、ご自身の暮らしぶりと比較し想像しながらご見学いただけます。(お施主様方のご厚意に、ただただ感謝です。)

それとは別に、定期的にご見学していただけるような十木舎の家を建てたいと以前から考えていて、今回岩倉の地にご縁をいただきました。

土地は急な勾配の旗竿地。敷地の北側は竹林が広がります。
風致地区に指定されており、約100坪の土地ですが、大きな建物は建てられません。

これからどんな家ができるのか、想像しながらお楽しみいただけると幸いです。

かつら

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
十木舎は、おかげさまで今年10年目を迎えました。
これもひとえに皆様のご支援ご協力の賜物と、深く感謝いたします。

昨年は新たなスタッフも加わり、ホームページも全面リニューアルをいたしました。
初心を忘れず、皆様に喜んでいただける家づくりを目指して、なお一層努力を重ねてまいります。
本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

令和4年1月5日
木の家工房 十木舎
奥村 嘉郎