向日の家




宅地化が進む地区での建て増し計画です。
周囲からの視線に配慮しながら、母屋が建つ南側に大きく開放できる窓を設けたことで、宙に浮いているような浮遊感と開放感が得られる気持ちの良い2階のリビングとなりました。
無垢板天板のキッチンや洗面台等、造作家具も充実し、自然素材の経年変化を楽しむ、住まい手のこだわりに満ちた空間です。

南の母屋に向かって大きく開放できる窓。

キッチン越しにダイニングリビングを見る。

キッチン横に家事コーナー。

家事コーナーには杉の一枚板カウンター。

階段には2階から自然光が落ちる。

子供部屋はホールと一体的に使用できる。

間接照明のある主寝室とその奥にはウォークインクローゼット

スギ材を使った造作洗面台。天井にはヒバ材を使用。

造作キッチンの天板はブビンガの一枚板。

クリの一枚板を玄関の床に使う。

■場所:
向日市
■完成:
2020年10月
■規模:
82.30㎡(24.89坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏