西七条の家




梅小路公園の西に位置する古い町並みの中に建つ、家全体を覆う大きな一枚屋根が特徴的なお住まいです。
土間収納やパントリーなどの収納スペースと、各所に造り付けの家具を設け、動線に沿った生活のし易さに配慮しました。
また、小上がりの畳リビングには、ダイニングへと連なるL字の窓から優しい光が射しこみます。敷地条件が限られていても、庭を確保し、家とのつながりを持たせることにこだわりました。光と風、緑が住まい手の暮らしを豊かにしてくれます。

玄関正面。

小庭の緑が暮らしを豊かにしてくれる。

全体を見る。

L字に連続する窓が庭と中をつなぐ。

小上がりの畳リビング。畳下には、段差を活かした引出収納。

ホワイトオークの造作家具。奥はパントリー。

豊富な収納スペース。洗面台上部のハイサイドライトで光を取り込む。

屋根裏部屋のような書斎。

主寝室。

子ども室。将来は2室に分けられるように。

■場所:
京都市下京区西七条
■完成:
2020年8月
■規模:
106.69㎡(32.27坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏