光庭の家




隣家に囲まれた敷地条件に建つ、延床面積およそ39.5坪の2世帯住宅です。光庭を家の中心に置き、家のどこに居ても庭が楽しめる設計としました。
庭に面した窓はすべて木製サッシ。断熱性能が高く、木の素材感が外とのつながりを和らげます。また、施主の希望により、内壁には薩摩中霧島壁、外壁には白洲そとん壁、どちらも火山噴出物シラスを主原料とした100%自然素材を採用しました。
中庭の下草にはすべて食せる植物を植え、季節の移ろいを五感で感じられる住まいです。

玄関を入ると出迎えてくれる中庭。

奥の居室から中庭を見る。

キッチンから中庭を見る。

ダイニングから中庭を見る。

2.5mの杉のダイニングテーブル。家族や友人とのひと時を楽しむ。

本棚と書斎カウンター。

2階の趣味室は天井が杉の板張り。

大きな開口から光を取り込みます。

寝室。天井はヒノキの板張り。

■場所:
京都市北区
■完成:
2020年5月
■規模:
130.43㎡(39.45坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏