梅津の家




交通量の多い三方が開けた角地に建つ、延床面積およそ35.5坪の住まいです。
軒裏は母屋(梁)を現して板張りとし、屋根は瓦葺きとすることで、周囲環境に馴染んだ落ち着きのある佇まいとしました。
1階のリビングダイニングは周りの視線から守るように窓を配置し、天井は杉の板張り。
外の喧騒を感じさせない、落ち着いた家となりました。

玄関へのアプローチ。

ダイニングからリビングを見る。

キッチンの収納造作。

テレビを掛ける壁には、猫ちゃんたちが顔を覗かせる小窓。

縦に伸びる連続する窓から、階段に光を取り込む。

陰陽が心落ち着く和室。

大きな障子で間仕切ることができる。

2階の多目的スペース。

自然光が差し込むトイレの手洗造作。

夕景。

■場所:
京都市右京区梅津
■完成:
2020年4月
■規模:
117.42㎡(35.52坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏