下鴨疎水の家




下鴨疎水に面する木立ちの中で、約34坪の2世帯同居住宅への建替えです。
長い年月をかけ育ててきた豊かな庭木の印象を、可能な限り新たな住まいにも取り込もうと計画しました。南北に開いた開口部や建物配置の調整によって内部と外部が連続し、開放的でありながら、木々に包まれた落ち着きのある空間となっています。
以前の建物の記憶を引き継ぎながら、新しい家族の物語が生まれる住まいです。

ダイニングには長年親しんだ樹木が寄り添う。

リビング側には新たに樹木を植えた北庭が広がる。

リビングにあるスタディーコーナーにはクルミの無垢板カウンター。

子世帯に気を遣わず利用できる造作洗面台は無垢のタモ材を利用。

玄関。ベンチはタモ材、手摺は堅いパオローズで造作。

天井が杉板張りの主寝室。

子供部屋の壁は、PORTER’S PAINTS(ポーターズペイント)をセルフペイント。

階段手摺はステンレスで制作。

■場所:
京都市左京区松ヶ崎
■完成:
2019年10月
■規模:
111.66㎡(33.77坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏