山科の家




角地に建つ延床約46坪の山科の家は、ドーマー窓のある大きな屋根が印象的です。
窓の大きさに制限のかかる準防火地域でありながら、南向きの全面開口と梁を活かした杉板張りの勾配天井によって、家全体に明るさを取り込みます。また軒を深くすることで、外からの視線と光が程よく遮られ、開放的でありながらも落ち着きのある空間としました。
来客の多いお施主様のライフスタイルに合わせ、リビングダイニングと和室をつなげることで、広々とした空間を確保するだけでなく、生活動線を考えた十分な収納と家事スペース、家族用玄関や2階のサブリビングなど、プライバシーにも配慮した住まいになりました。

ダイニングと和室とのつながり。建具で仕切ることができる。

リビングからダイニングを見る。

ダイニングからキッチンを見る。

南側の大きな開口部。

断熱にも優れたハニカムスクリーンで視線や外光をコントロール。

和室。杉の柾板をゴマ竹の竿縁で押さえた天井。

和室とダイニングとのつながり。

リビングスペース。ソファとローテーブルは永野製作所さんによるオリジナル。

階段の踊り場に本棚を造作。

ベンチがあり、ちょっとした読書空間に。

2階のサブリビング。ドーマー窓から光が差し込む。

サブリビングから1階を見下ろす。

2室連続した子供室

クリのカウンターを使った造作手洗い。

ランドリールームとして使う家事室は、ウッドデッキで庭とつながる。

南側外観。

ヒノキのウッドデッキと深い庇が庭と建物をつなぐ。

アプローチから全体を見る。

玄関ポーチへのアプローチ。

夕景

■場所:
京都市山科区西野
■完成:
2017年12月
■規模:
152.64㎡(46.17坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏