精華町の家




ゆったりとした区画が多い京都府精華町の一角に建つ5人家族のお住まいです。吹抜けを中心として動線を考え、廊下をなるべくなくした無駄の無い間取りとしました。 吹抜けは家にゆとりと広がりをもたらし、夏は風通しを良くし、高い位置の窓は家全体を均一な明るさに保ってくれます。また吹抜けの天井にはファンを設けて空気を拡散することで、1、2階の温度差を解消することもできます。 ご家族それぞれの居場所がゆるやかにつながり、お子様の成長を見守ってくれるおおらかな家です。

南側からダイニングを見る。正面はヒノキで製作したオリジナルのダイニングテーブル。

吹き抜けを見上げる。

キッチンから和室を見る。和室は襖を壁の中に引き込み、リビングと一体となります。

襖を閉めた和室。

2階スタディコーナー。

スタディコーナーには、一枚板のカウンター。

吹き抜けから一階を見下ろす。

カウンターの背面は手すり兼本棚。

南側外観。庭とのバランスを図りながら広めのウッドデッキを計画しました。

夕景。窓側から部屋を見る。

家正面の夕景。

■場所:
京都府相楽郡精華町
■完成:
2014年12月
■規模:
延床面積 102.67㎡(31.06坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏