常盤の家

2019/11/01

朝晩が寒くなってきましたね。もう冬がそこまで来ています。
現場監督の田村です。今日は、「常盤の家」から現場日記を書きます。

常盤の家は2階をリビングダイニングとした計画で、家の中心に6寸の磨き丸太が1階から2階の天井まで通っています。

2階の天井は、スギ板張りです。珪藻土仕上げとは違う、木の温かみを感じます。

2階には、木製のサッシがコーナーに取り付けていて引き分けることができて開放感があります。
外部には植栽が入り、緑が綺麗に見える予定です。

この壁の上部には目隠しの横格子が出来て、その中にはエアコンが取り付く予定です。仕上がりが楽しみです。

現在、大工工事がラストスパート。建物の完成は12月の予定です。
また報告できればと思います。お楽しみに!

田村