新しいスタート

2016/10/13

前回のブログでもご報告しましたが、先日、京都市岩倉の現場にて、上棟式を無事に迎えることができました。
いよいよ十木舎の要でもある大工さんの仕事がスタートです。


とは言いましたが、実は棟上げの前から大工さんの下準備は始まっています。
以前のブログでもご紹介した事がありますが、十木舎は右京区京北にある自社のプレカット工場にて構造材を加工しております。

今回はこの場所、巨大な木材加工機械が並ぶまさにその横で、大工さんが手仕事による構造材の調整を行いました。


細部を美しく仕上げるための加工を施していきます。



最新機械による精密な加工と、職人の技術による仕上げの融合です。



元大工さんでもある現場監督の森谷も加勢して進めていきます。

すっかり職人の顔になっていますね。

次から次へと仕上がっていき、無事に上棟の準備が整いました!


これらの下準備がどのような空間に仕上がっていくのか。楽しみですね。


さて、この記事のタイトルを「新しいスタート」とさせていただきましたが、棟上げによる新たなスタートだけではないのです。
実は先月9月から新しい設計スタッフとして、「長岡京の家」を設計しておりました、山浦が加わりました。
木の家の作り手として、長く愛される住まいを皆さまと一緒につくっていきたいと思います。
今後、打合せや見学会などで皆さまとお会いすることがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは次回をお楽しみに。

山浦

岩倉の家 上棟しました!

2016/10/08

岩倉の家 現場日記

今年は本当に雨や台風が多く不安定な気候が続きましたね~

そんな中、天気の合間に上棟させていただきました、岩倉の家の建て方の様子のご紹介です。



こちらのお宅は、なんといっても、1Fリビングと2F廊下の約15畳の吹き抜けスペースと
深い軒が特徴的な建築です。


軒を深くしたいけど、梁や柱などを玄関や駐車スペースに立てたくない場合がありますよね。

そんなお施主様の要望やデザインを重視した計画を実現するべく、

木造建築の伝統的な技術である「はね木」の手法を現代建築に応用しました。

屋根を支える垂木(たるき)という部材を家の内部より持ち出すことによって、やねの荷重を支えます。
上の写真がそれです。


吹き抜けスペースの屋根は太さ30センチを超える立派な登り梁で屋根を支えます。


長さは7m近くあります。クレーン車で吊られた登り梁を大工さんが慎重に組んでいきます。

完成すれば、この大きな梁が天井に現しになった大空間が見えてくることになります。


材木同士がキッチリと組まれてとても美しいです。





軒の天井も板張りになる予定です。

大工さんの手仕事によって、杉の無垢板を張っていきます。
今後の仕上がりがとても楽しみです!

上棟に至るまでには、お施主様と設計・工事 大工さんや各業者さんと綿密な打ち合わせと検討。

そしてその計画に基づいて、木材を加工し、現場で建て方をいたします。

図面で見てはいたものの、実際に現場で建ち上がった姿を見ると、
格別の思いがこみ上げてきます。

無事上棟を済ませて一息つきましたが、現場はこれからが本番。
お引渡しまで気を引き締めてまいります。

森谷