城陽の家




閑静な住宅街に建つ床面積が23坪の小さな家は、プライバシーを配慮しつつも
光と風の通りが感じられるよう家の中心に吹抜けを設け、明るい環境を実現しました。
家が建て込んだ住宅街では、一階に光が届きづらくリビングが暗くなりがちです。
光の取り入れ方を工夫することで家全体に光が届き、実際の面積以上の広がりを感じさせてくれます。

キッチンから畳スペースを見る。障子を用いることで、家全体が柔らかく温かい光に包まれます。

リビングから畳スペースを見る。小上がりの畳スペースは三畳の大きさで落ち着く空間です。

畳スペースからキッチンを見る。ダイニング上部の吹抜けが光を1階に届けます。

通りに面したお庭には目隠しの板塀。

桧(ひのき)材で製作したオリジナルの食器棚。

吹抜けに面した各部屋とは障子で仕切られ、光の量を調整できます。

2階吹抜けまわり。

杉の木目が美しい玄関の下足収納。

桧(ひのき)の玄関ドア。オスモカラーで塗装しています。

和室前の坪庭。

■場所:
京都府城陽市
■完成:
2013年11月
■規模:
延床面積 75.35㎡(22.79坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏