松井山手の家 (続編)

2016/09/29

桧の無垢板で造る 階段施工中!


昨日お伝えした松井山手の家、本日はその続編です。

現場に入るとそこには、桧の良い香りが漂い
昨日は加工中だった階段が踊り場まで出来上がっていました。

うーん。やっぱりキレイです。


大工さんが一枚一枚手加工し、カンナで削っているので、

その光沢はやはり格別です。完成後、お施主様には

ぜひとも素足で歩いた感触も楽しみにしていただきたいものです!

段板は大工さんが加工した切り込みにキッチリと納まっていきます。

昨日、大工さんが前もって剥ぎ合わせた踊り場もこんな感じ・・・

桧の無垢板3枚を剥ぎ(ハギ)合わせてあります。

廻り階段の斜めの部分も正確に加工してあります。


ちょうどそこにお施主様とお子様が現場を見に来られました。

手加工の階段をかけている最中を見ていただくのは、またとない良い機会、

このチャンスを逃すことなく、施工中の階段の踊り場まで上がっていただきました!

お子様方にとっても、自分の家が出来上がっていくところをみて、

素敵な思い出の1ページとして、いつまでも覚えていてくださることを

願ってやみません・・・


森谷